悉皆(しっかい)とは?


悉皆(しっかい)という言葉は、初めて耳にされる方が多いかと思います。 広辞苑を引くと、「みな」「ことごとく」と載っています。町人文化が花開いた江戸時代に入ると、着物に自分の好みを 反映出来るようになりました。

呉服屋さんで反物を買う一方、オーダーメード で着物を作るお客様が増えました。「色はピンクで柄は蝶にして下さい。」「この着物の色が飽きたので違う色に染め替えて!」お客様のリクエストは様々です。

その当時,それは立派なビジネスとして成り立っていました。染めの本場、京都に近い大阪で起業されました。 このような仕事を 悉皆屋(しっかいや)と呼びます。今風にいうと<着物のプロデューサー>です。

悉皆屋(しっかい)とは?

 


【よくある問い合わせ】

Q 店舗や工場はないのですか?

A 無店舗・出張型のサービスとなります。古い手強いシミ、仕立直し、染め替えは、信頼できる技術力の高い職人さんに依頼しています。

 当社は訪問型のサービスを行う事で、お客様の肉体的・時間的負担を軽減します。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悉皆屋(しっかい)とは?